ボビーワゴンは日本でどう変わっていったか

METROCS HPより

いま、みなさんのボビーワゴンのイメージってどんな感じですか?

おそらくなのですが、カジュアルとかライトな家庭用収納家具ってイメージなんじゃないかと思います。キッチンでもどこでも使える便利家具みたいな。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




ここまで変わったのはすごいですね。
何が変わったのか、なにがすごいかちょっと話します。

まだ私がこの業界に入った10年ほど前だと、ボビーワゴンはデザイナーの名前が載っている名作家具的な立ち位置だったと思います。まだ。イタリアの名作収納家具というカテゴリーでしたでしょうか。ジョエ・コロンボの名作!って。

現在ではボビーワゴンが有名なデザイナー、ジョエ・コロンボの知られざるストーリーを書きました。まさ天才です。

だからそのボビーワゴンを使う人は、ある程度家具インテリアに興味を持っている人向けという感じでした。合わせる家具もイタリアのデザインだったり、アメリカンミッドセンチュリー期の家具だったりと。

でも、いまはボビーワゴンってその名前とビジュアルで流通しているじゃないですか。デザイナーを知らない人が増えているんじゃないかと。

それに、ボビーワゴンと合わせる家具が以前に比べるとわりとなんでもOK的なスタンスですけど、どちらかというと家庭的なインテリアに合わせるアイテムになりましたかね。

さらに遡ってその前。

ここからは私が体験していないことなので当時を経験した人の話なんですけど、ボビーワゴンは国内のとある事務機器メーカーが独占輸入していたのですが、手放したのをきっかけに2001年よりメトロポリタンギャラリーさんが正規輸入販売を始めたそうで、その時のボビーワゴンのイメージは、完全に事務用品の一つって感じだったそうです。

これを家庭で定着させる???というのが周りの評判だったそうです。

それをメトロポリタンギャラリー、ひいては同社の社長は実際定着させました。色を増やしたり、マーケティングしたり。

そして今日の結果に至る訳です。その成功は。

家具は長い目で見て評価したほうが良いですね。やっぱり。
今があれでも、とにかく芯を曲げずプライドを持ってやり続ければわかってもらえることもあるはずです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告