アーロンチェアやイームズラウンジチェアを分割払い30回まで金利無料で販売しています
スポンサーリンク

武蔵野美術大学で親子でミニチュア名作椅子をオンラインで作るプログラムが開催

ミニチュアの椅子(https://mauml.musabi.ac.jp/museum/events/19449/)

東京・武蔵野美術大学の美術館・図書館には約400脚の名作椅子がコレクションされています。

過去から現在までのオリジナルデザインを保存している日本でも数少ない存在です。

そこで親子で参加できるミニチュア名作チェア製作プログラムがオンラインにて開催されます。

 

2021年8月21日(土)

ムサビ・キッズプログラム

オンライン版 おやこでミニチュアチェアをつくろう!

–ムサビの近代椅子コレクションに触れる–

 

対象:小学3〜6年生とその保護者

親子で参加できる、キッズ向けのワークショッププログラムを開催します。オンラインで全国どちらにお住まいの方もご参加いただけます。

会期
2021年8月21日(土)
時間
13:00-16:00
会場
オンライン(Zoom)
定員
先着30名 ※定員に達し次第、受付締切
対象
小学3〜6年生とその保護者
参加費
無料
講師
秋山亮太(武蔵野美術大学 造形学部工芸工業デザイン学科助教)

 

申し込み方法や詳しくはHPをご覧ください。
https://mauml.musabi.ac.jp/museum/events/19449/

 

ミニチュアの椅子

製作をする椅子はこのヴィープリー図書館の小椅子です。アルヴァ・アアルトが1935年にデザインをした有名な椅子です。チェア No.66と呼ぶ方が現在は伝わりやすいかもしれませんね。

昨今の北欧ムーブメント的に人気が出そうな題材です。

>>アルヴァ・アアルトとは

 

椅子を見るだけでなくミニチュアといえど実際に作り上げることで普段では気づかないデザインの魅力がわかるはずです。

椅子は見るだけ、座るだけでなく、そのデザインの理念も理解するともっと楽しめます。

 

椅子好きで子供がいらっしゃる方は見逃せないですね。

 

case study shop NAGOYAへのご案内
ハーマンミラーのワークチェアやミッドセンチュリー期の名作家具を求める方へ

ミッドセンチュリー期のデザインの専門家(私)&ハーマンミラー社のワークチェアチェアの専門家(私)がやっているお店です。オンラインショップも好評です。
ハーマンミラーエルゴノミックアドバイザーであり、ハーマンミラーコレクションアンバサダー(全国一位)でもあることでセールスに知識やアフターフォローまで優秀です。
アーロンチェアやエンボディチェアやセイルチェアなどお求めならお薦めです。倉庫を借り在庫も持ち全国どこでも保証もアフターフォロー可能です。
個人への販売/インテリアデザインに、法人向けにコントラクト販売/オフィスデザイン/商業施設への家具販売納品・施工/アフターフォローまで承っています。プロの方もご相談ください。ハーマンミラー/マジス/ダネーゼ/メトロクス/レムノスなど正規販売店です。

ニュースや新作やイベントの情報
スポンサーリンク
名作家具とデザインの話

コメント

タイトルとURLをコピーしました