アーロンチェアご購入者へ専用アームカバーをプレゼントと不要椅子の回収やっています
スポンサーリンク

トーキョーバイクとアレキサンダー・ジラードのコラボ自転車

tokyobike_Alexander-Girard

 

”東京を走るために作られた自転車”をコンセプトに掲げるトーキョーバイク(Tokyo Bike)では、過去にジラードスタジオ(Girard Studio)とコラボレーションをして、アレキサンダー・ジラード(Alexander Girard)のテキスタイルをイメージした自転車を作っていました。

 

テキスタイル、建築、家具をデザインした「アレキサンダー・ジラード」
アレキサンダー・ジラードはハーマンミラー社のテキスタイル部門のデザインディレクターとして活躍しており、多くの魅力的なファブリックを世に送り出しました。 建築家でもあり、家具や内装のデザインもして、民芸品のコレクターでもある彼の生涯を書きました。
Alexander Girard

 

スポンサーリンク

TOKYOBIKE X ALEXANDER GIRARDの自転車

実物の自転車

自転車の実物はこちらです。

2015年に東京・丸の内のハーマンミラーストアで開催された「アレキサンダー・ジラード展」にて展示をされていました。

 

「アレキサンダー・ジラード展:彼の独創的なビジョンが生み出した世界」の思い出
2015年に開催されたアレキサンダー・ジラード展の写真がありますので、その時の模様をお伝えします。 思い出として読み返してもらうも良し、行けなかった人は雰囲気を感じ取るも良し。

 

東京デザインウィークに合わせてこの自転車は特別にコラボレーションがされたもので、同時期にCURATOR’S CUBEにて開催されたジラードの子孫による特別展示「GIRARD CONTINUED -ジラード・ファミリーのクリエイション-」でも展示されていました。

 

ジラードの色彩センスがフレームにキレイに落とし込まれた印象的な都会の自転車といった装いです。

 

palio(https://www.maharam.com/products/palio-by-alexander-girard-1964/colors/004-multi)

配色の元になっているのはジラードが1964年にハーマンミラーテキスタイルにてデザインをしたパリオ(Palio)でしょうね。

それのマルチカラーを自転車にうまく取り入れています。

パリオはテキスタイルデザイン自体が特徴的なのが醍醐味ですけど、色だけでも何となくパリオっぽさがわかるのが面白いです。

 

フレームにはアレキサンダージラードのサインが入っているのでわかりやすいですが、色合いが特徴的なのでこのカラーリングだけでピンと来る人もいるのかもしれません。

 

この自転車ですが、販売されたものなのか私もよく分かっていません。

コラボして紹介しただけなのかもしれませんね。

 

クッションの写真

話がずれますが、パリオはテキスタイルデザインが大きく広がるため製品に張るときは大きな面が必要ではありますけど、小さなものでもこのクッションのようにテキスタイルのそれぞれの部分を使って細かく分けて、数を揃えることで全体を表現すると楽しげです。

 

case study shop NAGOYAへのご案内
ハーマンミラーのオフィスチェアやミッドセンチュリー期の名作家具を求める方のお店

ミッドセンチュリー期のデザインの専門家(私)&ハーマンミラー社のオフィスチェアの専門家(私)がやっているお店です。オンラインショップもあります。
ハーマンミラーエルゴノミックアドバイザーであり、ハーマンミラーコレクションアンバサダーでもあることで知識やアフターフォローまで優秀です。
アーロンチェアやエンボディチェアやセイルチェアなどお求めならお薦めです。
個人への家具販売からインテリアデザインに、オフィスデザイン、事務所や商業施設への家具販売に施工からアフターフォローまで承っています。法人向けのコントラクト販売もしていますのでプロの方もご相談ください。ハーマンミラー/マジス/ダネーゼ/メトロクス/レムノスなど正規販売店です。

家具やインテリアやプロダクトの話
スポンサーリンク
名作家具とデザインの話

コメント

タイトルとURLをコピーしました