アーロンチェアご購入者へ専用アームカバーをプレゼントと不要椅子の回収やっています
スポンサーリンク

マスクを着用していない人の入店拒否や断りをするのはこんな事情があるから

マスクが必須のお店

ちょっと前のことですが、出勤中に近くの小さな服屋にマスクをしていない三人組の若者が入店していくのを見ました。

この緊急事態宣言が出されている状態で大丈夫かと思ったり。

(それ以降その店は”マスク着用必須”と案内が出ていました。これがきっかけかな?)

 

今となってはお店側もマスクを着用していないと入店をお断りするところも増えてきました。

いままでは”マスク着用のお願い”程度で強制するものではなかったのですが、マスク付けていないとお店に入れないレベルにまで対策しています。

 

これに対して『マスク付けないと入れないとは何事だ!』と怒る人もいますし、『マスク買えないんだからしょうがないだろ!』と憤る人もいます。

『そもそも普通のマスクでウイルスなんて防げないよ(笑)だからマスクなんてしてもしなくても一緒!』と嘲る人もいます。

 

このマスク着用必須は”過剰でやりすぎ”という批判がありますし、マスク着用義務を店側が強制できるかというとそこに法的根拠がある訳ではないので無理なのですが、そもそもの話お店は誰だって入店を断ることが出来る権利はあります。

 

一見やりすぎなようにも見えるマスク着用義務問題ですが、これは従業員を守るために必要なことなんですよね。

 

スポンサーリンク

マスク着用必須にする店側の事情

完全防護

防護服を着て医療用のしっかりしたマスクじゃない限りコロナウイルスを完全に防げないことはお店側の人もみんな知っていることです。(完全防護しても防げないかもしれないのに)

マスクは唾液などの飛散防止の意味があるので、そういった面では効果があるものです。

 

それよりもマスクをしないといけないのは心理的なプレッシャーを従業員に与えないためです。

 

従業員はこの時勢にウイルスの影響があるにもかかわらずリスクを冒してまで働いているわけです。

『自分も感染したらやだな・・・怖いな・・・』とびくびくしている人もいます。

そんな中でマスクをしていない人が目の前に来るのはもうそれだけでプレッシャーが強いんです。

くしゃみしようものならもう恐怖です。

誤解があっちゃいけないのは、単純にその人をウイルス扱いしたいわけではありません。

けど人間ですからもうそういった気持ちになるのはしょうがないですよ。

そこまでの気持ちを従業員に押し付けるのはやりすぎです。ロボットじゃないんですから。

それでは心を苦しめてまで働けと言っているようなものです。

 

その精神的負担を軽減するためにマスク着用義務を入店者に課すのは経営の判断として必要です。

従業員は奴隷じゃないんですから、イヤでも働けなんて良くないですからね。

 

そしてもっと大きな理由として、この時勢にマスクをしずにうろうろしているような人たちは、もう全く衛生観念もなくウイルスのことも考えてない人たちと判断されても致し方ないです。

ウイルスを気にせず人が集まる場所に行ってそうです。

感染を気にしていないか、自分は感染しないという謎の万能感を持っているかですね。

偏見だと言われても、そう周りから見られても仕方ないということです。評価を決めるのは周りです。

だからこうした人と自社の店員とを接触させないようにするための配慮です。

 

せめてものリスクを減らすためには、こうしたマスクをしずに危機感もなく出歩いている人を密閉された店内に入れて従業員と近づけさせないようにですね。

だからマスクを着用していない人の入店を断るのは働く人である従業員を守るための経営判断です。

 

しかし『マスクが無いんだからしょうがないだろ!傲慢だ!入らせろ!』という声はまだ残ります。

そもそもそんな強い当たりをするような人はトラブルの元なので入店を断りたいところですが。

 

マスクが無くたって例えば口をタオルで覆うとか、布でも別になんだって良いんです、とにかく口元を隠す工夫をすれば良いことです。

それがウイルスには意味がないと言われても、そもそも医療用じゃないマスクは先述の通りウイルスは防げませんから似たようなものです。けど唾液の飛散防止にはなりますから目的は一致しています。

気を付けている人はマスクは無いなりに工夫をします。

 

要は、意識があるかどうかですから、『ない物はしょうがないだろ!』と開きなおる人は問題に対して意識が希薄で、自分都合でしか物事を考えられない勝手な人だと解釈できます。

 

こういった理由でマスクを着用していないと入店を断るようにしている店があるんです。

だから人に当たらず自分の行動が周りに影響を与えるということを理解すればより良い環境が作れるのではないでしょうか。

 

ただ経営判断はそれぞれ違いますし、生活必需品があるスーパーやコンビニなどはなかなか入店を断れないところです。

だからこそ、そこで働く従業員の方々の負担を減らすためにも、一人一人が行動を心掛けてみんなが過ごしやすい環境にするべきですね。

なんかイライラしている人たちがいますけど、その感情を従業員にぶつけても解消は出来ませんし、ただイタズラに人を追い詰めているだけです。

こんな状況なんですから、多少の不備や問題はもうしょうがないです。

 

・・・この内容大丈夫ですかね?

ちょっと私の主観が強すぎる内容だったかもしれません、問題があるようでしたらコメントから指摘してくださいませ。

 

case study shop NAGOYAへのご案内
ハーマンミラーのオフィスチェアやミッドセンチュリー期の名作家具を求める方のお店

ミッドセンチュリー期のデザインの専門家(私)&ハーマンミラー社のオフィスチェアの専門家(私)がやっているお店です。オンラインショップもあります。
ハーマンミラーエルゴノミックアドバイザーであり、ハーマンミラーコレクションアンバサダーでもあることで知識やアフターフォローまで優秀です。
アーロンチェアやエンボディチェアやセイルチェアなどお求めならお薦めです。
個人への家具販売からインテリアデザインに、オフィスデザイン、事務所や商業施設への家具販売に施工からアフターフォローまで承っています。法人向けのコントラクト販売もしていますのでプロの方もご相談ください。ハーマンミラー/マジス/ダネーゼ/メトロクス/レムノスなど正規販売店です。

コラム
スポンサーリンク
名作家具とデザインの話

コメント

  1. ホーン より:

    そこまで強制して従業員を守るためぐらいまで言うならマスクしてない来店客に対してマスク配ればいいんじゃなくて?
    マスク買うにもお金かかるし、従業員を守るとまで言うんだから。
    アルコール消毒は無料なのにマスクは無料じゃないんだねwそこがセコイ気がする
    着用強制して従業員も守る必要あるならその場で配ればいい話普通はそうするよw追い返すんじゃ無くてねw
    配ったマスクも着用したがらないなら追い返せばいいけど。

  2. 匿名 より:

    「この時勢にマスクをしずにうろうろしているような人たちは、もう全く衛生観念もなくウイルスのことも考えてない人たち」とありますが、
    そうでしょうか?

    私は、マスクをしていません。

    自分自身で情報をかき集め、
    精査して、
    マスクは不要と結論を出しました。

    不要派の意見もネット上では頻出しております。
    一度ご覧になられてはと存じます。

タイトルとURLをコピーしました