アーロンチェアご購入者へ専用アームカバー/エンボディチェアご購入者へフットレストのプレゼントをしています。不要椅子の同時回収処分もやっています。セイルチェアの受注生産仕様の在庫もご用意。こちらから在庫一覧で購入できます。
スポンサーリンク

カレンダーは宣伝アイテムとして優秀なのでは?

カレンダー

いま、私の店でもハーマンミラー社による非売品カレンダー2021年度版プレゼントキャンペーンをやっています。

ハーマンミラーのカレンダーは毎年のことなんですね。(2018年度版はなかったですけどね・・・)

こういったことを毎年やるのはマメだなと思いますよ。

 

ハーマンミラー2021年度非売品カレンダープレゼントキャンペーン!
今年もこれがありました。後述のハーマンミラークリスマスキャンペーン2020と併用可能です。 ハーマンミラー非売品カレンダー2021年度版をプレゼントキャンペーン  12/4 ~ 無くなるまで。  終了しました。 ¥5,000(税別)以上のお買い上げで実店舗/オンラインショップとも...

 

そんなカレンダーですが、実は広告/宣伝アイテムとして優秀なのではないでしょうか。

『この時代にカレンダーとか需要あんの?』と思われそうですけどね。

 

いくらスマホやコンピューターが発達したとはいえ、電力がいらずに何処でも置けて一目で日付を確認できるカレンダーはやっぱりあると便利なものです。

だから住宅でもオフィスでもカレンダーはまだまだ活用されますよ。

特に玄関部分に置いたりしますよね、そうすると、常に人目に触れますから常に宣伝できるアイテムとして良いんです。

特定のブランドのカレンダーの場合、そのブランドを知っている人がカレンダーを見たら会話のネタにしてくれますかもしれませんし、知らない人だったらカレンダーを見てそのブランドに興味をもってくれるかもしれません。

カレンダーは一年間使いますから、一年間ブランドの宣伝をしてくれます。

やっぱり実用的なものにブランドイメージを載せると使ってくれますから、そうしたアイテムとしてカレンダーは良い選択肢ですね。

 

良いブランドのカレンダーだったら捨てずに使いますからね。

だからブランドイメージがハイレベルなところほどカレンダーは意外と受けるのではないでしょうか。

 

低単価で配りやすいのもありますから、カレンダーを効率的に宣伝アイテムとして使えば良い広告になります。

 

カレンダーですが、酒屋や三河屋といった地域に根差した商店が昔から使っている販促方法です。

カレンダーはずっと飾り続けますから、そこに電話番号を書いておけば何か入用が出来た時に思いついて連絡してくれるかもしれませんからね。

それでどんなお店もカレンダーを配っていたんです。

 

今は時代も変わりましたからネット検索も当たり前になったことですし、カレンダーは純粋にブランドイメージを伝える広告として考えると良いです。

 

それでカレンダーばっかり貰ってもそれはそれで困りますけどね。

 

あと、カレンダーですがプレゼントすると皆さんわりと喜んでくれます。

意外と人が欲している物ですね。

 

case study shop NAGOYAへのご案内
ハーマンミラーのワークチェアやミッドセンチュリー期の名作家具を求める方へ

ミッドセンチュリー期のデザインの専門家(私)&ハーマンミラー社のワークチェアチェアの専門家(私)がやっているお店です。オンラインショップも好評です。
ハーマンミラーエルゴノミックアドバイザーであり、ハーマンミラーコレクションアンバサダー(全国一位)でもあることでセールスに知識やアフターフォローまで優秀です。
アーロンチェアやエンボディチェアやセイルチェアなどお求めならお薦めです。倉庫を借り在庫も持ち全国どこでも保証もアフターフォロー可能です。
個人への販売/インテリアデザインに、法人向けにコントラクト販売/オフィスデザイン/商業施設への家具販売納品・施工/アフターフォローまで承っています。プロの方もご相談ください。ハーマンミラー/マジス/ダネーゼ/メトロクス/レムノスなど正規販売店です。

コラム
スポンサーリンク
名作家具とデザインの話

コメント

タイトルとURLをコピーしました