神奈川県立現代美術館・葉山館でフィンランドの良心「カイ・フランク」展が開催されています

日本・フィンランド国交樹立100年記念 没後30年

 

神奈川県立近代美術館葉山にて「カイ・フランク」展が開催されています。

「フィンランド・デザインの良心」と呼ばるカイ・フランクは数多くの名作ガラス細工を手掛けています。

この展示では、フィンランド唯一の公立ガラス研究機関である「フィンランド・ガラス博物館」と、カイ・フランク本人から直接入手した多くのプロダクトを収蔵している「タウノ&リーサ・タルナ・コレクション」から構成されており、幾何学的造形に着目をした国際巡回展です。

日本の美術館では初個展となり、現行プロダクトからアート・ピースと呼ばれる技巧を尽くしたガラス作品など約300点を展示されています。

 

スポンサーリンク

カイ・フランク展開催概要

企画概要

カイ・フランク(1911-1989)は、「フィンランド・デザインの良心」と呼ばれ、20世紀のデザインに多くの革新をもたらしたもっとも優れた創作者の一人と言われています。
本展は、フィンランド唯一の公立ガラス研究機関であるフィンランド・ガラス博物館と、カイ・フランク本人から直接入手した多くのプロダクトを収蔵しているタウノ&リーサ・タルナ・コレクションから構成された、幾何学的造形に着目した国際巡回展です。日本の美術館での初個展となる本展では、今日もなおロングセラーとしてよく知られるプロダクトをはじめ、アート・ピースと呼ばれる技巧を尽くしたガラス作品など約300点を展示します。
さらには、1950年代に来日した際にカイ・フランク自身が撮影した日本の風景や市井の人々の写真も紹介し、フィンランドを代表する、そして日本を愛してやまなかった偉大なデザイナーの足跡をたどります。

 

展覧会の見どころ

1. 熊野亘氏が手がける展示空間

本展では、近年国内外で注目を集めているデザイナーの熊野亘氏が一部の展示室の空間デザインを手がけます。熊野氏はフィンランドのアアルト大学で学んだ後、東京でイギリス人デザイナーのジャスパー・モリソン氏のアシスタントデザイナーを務め、自身のデザインスタジオ「kumano」を設立。自然光あふれる展示室で二人のデザイナーの共演をお楽しみください。

2. 日本を愛してやまなかったカイ・フランクが写した日本の写真資料を展示

カイ・フランクは幼少期から日本に特別な関心を持ち、日本に関する書籍を読みあさったといいます。1956年には念願の初来日を果たしており、北大路魯山人や濱田庄司といった著名な工芸関係者と出会う一方で、日本の農村や益子や岡山などの窯元を訪れ、そこに住まう人々や職人たちと交流し、日本の様々な手仕事や意匠に注目しました。本展では、その来日時に撮影された貴重な写真を厳選して紹介、カイ・フランクが日本に注いだ眼差しをご覧いただきます。

開催概要

会場
葉山館 展示室2・3
会期
2019年9月21日(土曜) – 12月25日(水曜)
休館日
月曜(9月23日、10月14日、11月4日は開館)
開館時間
午前9時30分 – 午後5時(入館は午後4時30分まで)
観覧料
一般1,200(1,100)円
20歳未満・学生1,050(950)円
65歳以上600円
高校生100円
*( )内は20名以上の団体料金です。中学生以下と障害者手帳等をお持ちの方(および介助者原則1名)は無料です。*「カイ・フランク」展の観覧券で同日に限りコレクション展「音をみる、色をきく 美術が奏でる音楽」もご覧いただけます。
*無料開館日:11月3日(日曜・祝日)「文化の日」は、開催中の展覧会を無料でご覧いただけます。*ファミリー・コミュニケーションの日(毎月第1日曜日:10月6日、11月3日、12月1日)は、18歳未満のお子様連れのご家族は割引料金(65歳以上の方を除く)でご覧いただけます。また同日は会話を楽しむ日「オープン・コミュニケーション・デー」となりますので、小さなお子様連れの方も遠慮なくご覧ください。*その他の割引につきましてはお問い合わせください。
主催 神奈川県立近代美術館、NHKプロモーション
特別協力 フィンランド・ガラス博物館、タウノ&リーサ・タルナ・コレクション
協力 カリモク家具株式会社、日本航空、フィスカース ジャパン株式会社
後援 フィンランド大使館
ロゴ:特別協力、協力など
巡回情報
本展は”KAJ FRANCK & GEOMETORIA”(フィンランド・ガラス博物館〔リーヒマキ、フィンランド〕2018年2月23日 – 4月29日)の国際巡回展です。日本国内での巡回はありません。日本展では内容を一部追加・変更しています。
県立美術館・博物館の割引
県立の美術館・博物館の有料観覧券の半券提示で、観覧料が割引になります(観覧日から6ヶ月以内。葉山館の半券提示でも割引になります)。一部の展示を除き、65歳以上券、高校生券の割引適用はありません。その他の割引は各施設にお問い合わせください。 詳しくは神奈川県のウェブサイト(別ウィンドウが開きます)をご覧ください。
•近代美術館 葉山 電話:046-875-2800
•近代美術館 鎌倉別館 電話:0467-22-5000
[2019年10月11日まで休館]
•金沢文庫 電話:045-701-9069
•歴史博物館 電話:045-201-0926
•生命の星・地球博物館 電話:0465-21-1515
割引のご案内
葉山館企画展の有料観覧券(65歳以上券、高校生券を除く)の半券をご提示いただきますと、同展会期中に限り、下記の施設に割引料金でご入館いただけます。

•葉山しおさい公園 電話:046-876-1140
•山口蓬春記念館 電話:046-875-6094

引用HP http://www.moma.pref.kanagawa.jp/exhibition/2019_kajfranck

 

以前、神奈川県立現代美術館・葉山館へ「アルヴァ・アアルト -もうひとつの自然-」展を観に行ったことがあるのですが、久しぶりに同美術館のHPを見たらこの「カイフランク」展が開催されていました。しかも9月から。知るのが遅かったです。

でもまだ開催していますのでまだ間に合う。ということでここでも紹介します。

記念シンポジウムとかとっくに終わっちゃってますけどね。

フィンランドデザイン、ガラスデザイン、イッタラ好き、もちろんカイ・フランク好きには見逃せない展示です。

 

神奈川県立現代美術館はロケーションが良い場所なのでリフレッシュ目的で行くと良いですね。

ただ美術館以外はなんもないぐらいの勢いの場所なので、何かほかにも目的の場所を行けるようにしたら移動し甲斐がありますよ。

 

アルヴァ・アアルト ー もうひとつの自然 ー に行ってきた感想
神奈川県立近代美術館葉山で開催中のアルヴァ・アアルト展に行ってきました。 ロケーションも良くリラックスできる良い場所です。感想を書きました。

 

case study shop NAGOYAへのご案内
イームズや名作家具やアーロンチェアを求める方のお店

ミッドセンチュリー期のデザインの専門家(私)がやっているお店です。オンラインショップもあります。
個人への家具販売からホームコーディネートに、オフィスデザイン、事務所や商業施設への家具販売に施工からアフターフォローまで承っています。法人向けのコントラクト販売もしていますのでプロの方もご相談ください。ハーマンミラー/マジス/ダネーゼ/メトロクス/レムノスなど正規販売店です。

ニュースや新作やイベントの情報
スポンサーリンク
名作家具とデザインの話

コメント

タイトルとURLをコピーしました