愛知・名古屋でオンラインショップをすると送料で有利かも

配送料金表

2017年に自分のお店でも本格的にオンラインショップを始めて早二年以上経過。

2011年の開業当初よりオンラインショップでの販売には消極的でしたが、お客さんのための利便性を考えた結果、超後発ですが正式にECをスタートしてからチマチマ頑張ってサイトを作り続けたおかげで全国の色々な方から注文をいただけるようになりました。

当初の目的は店頭で接客後に帰られた人がいざ注文をする際にまた実店舗まで来ていただく手間を省くためを想定していましたが、今のように面識がない全国から注文が入るようになるとはありがたいばかりです。一人一人に合わせて考えて丁寧に出荷までしています。

 

こうなるともっと早くオンラインショップやっておけば良かったなとか考えてしまうのですが、付け焼刃でオンラインに注力してしまうと実店舗がおろそかになっていまいダメになっていたかもしれませんね。浮ついて方向が定まらないよりはじっと我慢して同じことを続けたほうが良いこともあります。

やはり私の仕事の本分は人と人同士によるリアルを大切にしたものでしょう。

 

と前置きが長くなったのですが、私は名古屋で実店舗をやっており商品の出荷も同じ店舗でやっています。在庫があるものは店舗から、ワークチェアや大きな家具となると倉庫から送ることがほとんどです。

そうすると、名古屋のある愛知は日本のだいたい中心ぐらいなので、全国のどこに出荷をしても極端な送料価格にはなりません。

名古屋でオンラインショップをするのは実は送料的に条件が良いのかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

配送するなら日本の中心が良いのかも

 

椅子以下のサイズの商品はお店から出荷をすることがほとんどなのですが、もちろん注文は全国どこからでも入ります。オンラインショップは○○円以上送料無料としているのが今のところは一般的です。私のオンラインショップも一部商品を除きそうしています。

 

一番ご注文が多い地域は関東で、北は北海道に南は九州からもいただけます。

当然北海道や九州は海も渡りますし遠くなりますから送料は割高になるのですが、仮に私が北海道にいたら九州への送料はとんでもないことになります。私が九州にいたら青森に送るだけでも相当な配送料金となります。

それに比べたら愛知から出荷をしても配送する地域によりとんでもない送料になるということがありません。

大阪に送るのだって東京から送るのより愛知からの方がぐっと下がりますからね。

愛知から大阪への送料は東京に送るのも変わりません。

 

愛知県から出荷をするのは平均をとると最も条件が良い送料金額が出るのかもしれません。

岐阜でも同じような気もするのですが、配送業者に任せず自分が配達や移動をすることも考えると名古屋が一番良いです。車で移動するにしてもどこでも行きやすいですし、手で持てるサイズなら新幹線にも飛行機にもすぐに乗れます。

 

私はたまたま名古屋で商売を始めたのですが、図らずも愛知ひいては名古屋がオンラインショップをやるのに送料的に最も都合が良かったみたいです。

日本のほぼ真ん中はどこに商品を発送しても大きな送料に大きな差が生まれません。

 

それに名古屋は都市ではあるので配送拠点もたくさんありますし集荷時間も融通も結構聞いてくれます。

私も自分の店から配送拠点まで歩いて3分ぐらいのところにあるので自分でも行けますし配送員さんもすぐに来てくれます。便利。

 

一昔前はオンラインショップをやるのに安く広い土地を用意が出来て最低賃金が安い地方であるほど有利みたいな感じがありましたけど、結局今は送料が上がりすぎて注文内容と配送地域によっては利益が出ないどころか赤字になるケースもあるみたいです。

土地代や人件費は大都市に比べて安いわけですからそこでカバーですね。

私は人を雇っていないので人件費はかからないのですが。(自分が無理するだけ。)

 

そういえばイケ〇ジャパンも愛知県に日本倉庫を作っていますし、やっぱり物流的に都合が良いんでしょうね。大体日本の真ん中ぐらいに作っておけばどこに送ってもアベレージをとればコストがうまくいくのでしょう。

 

これ、いまはオンラインショップは送料無料がまだ当たり前感があるのですが、別途送料を請求するのが当たり前の時代に戻ったら地方はけっこうやばいですよね。すっごい高い送料になりますもん。

そんな時代に戻ったら『住んでいる場所の近くのオンラインショップで買おう』という風になりますので結局大都市が有利な時代にもなります。

 

どうなっていくんでしょうね。

 

どうなったとしても地殻変動でもない限りは愛知から出荷する有利さはかわらないでしょうか。

 

家具業界も送料有料が普通になってきました
一時期の送料はなんでも無料が当たり前の時代から現在では状況が変わりました。 物流業界の人手不足から始まる流通のパンクから端を発した配送料の極端の値上げに、配送サービスの削減などによる影響で、大手のネットショッピングでもなんでも送料無料をやめていっています。この家具業界もそうなっています。

 

case study shop NAGOYAへのご案内
イームズや名作家具やアーロンチェアを求める方のお店

ミッドセンチュリー期のデザインの専門家(私)がやっているお店です。オンラインショップもあります。
個人への家具販売からホームコーディネートに、オフィスデザイン、事務所や商業施設への家具販売に施工からアフターフォローまで承っています。法人向けのコントラクト販売もしていますのでプロの方もご相談ください。ハーマンミラー/マジス/ダネーゼ/メトロクス/レムノスなど正規販売店です。

店舗の経営や独立関係の話
スポンサーリンク
名作家具とデザインの話

コメント

タイトルとURLをコピーしました