夜間に配達してくれる方が嬉しい?

夜景

私は基本的に自分で家具を配達はしないのですが、しないといけないときは自分で持って行きます。

複雑な商品や配送業者に任せられない家具、顧客の要望など様々です。事情は色々です。

今日もお店が終わってから夜間に納品してきて帰ってきたところです。

顧客の家を出たのが23時近くですね。

そんな時間に非常識すぎるだろうと思われるかもしれませんが、夜が「むしろありがたい」なんて言ってもらえることがあります。

今日も夜型の家族だったので全然問題ない感じでした。帰り際にコーヒーまで貰って談笑していたぐらいです。金曜日だったというのもありますけどね。

当然夜はNGという顧客の元にこんな時間へは行きません。

夜に配達をするのは実際どうなのでしょう。

非常識なのはわかるのですが、もしかしたら要望としては少なくないのかもしれません。

夜は在宅率が非常に高いので不在になることが少ないですし、一人暮らしの場合は夜の方が助かるかもしれませんね。

しかし普通は夜に配達してくれる会社や店は無いと思います。

日中に営業しているお店だったら夜間に配達するとなったら従業員は残業ですからね。やるわけないです。

配送業者もどれだけ遅い便でも20-21時とこれ以上遅い時間は指定できません。家具の設置までする業者なら18-21時とかです。

その辺、私は個人事業主の為に残業という概念はありません。どれだけ働いても労働基準法は関係ありません。

私自身はお店が終わった後に納品に行くのも特に大変だとも思いません。だって納品しに行くということは家具を買ってもらっているわけですか、お金払ってくれたお客さんですからそりゃあ全然行きますよ。私が納品しに行くということは高い家具を買ってもらっていることが多いですし。

むしろ営業時間を削ってまで行かなくて私も助かりますし、普段お店でずーっと働いているので夜に車でドライブがてら見知らぬ土地に行くのは楽しいです。

夜の方が道も空いていますし路駐もしやすいのもポイントです。気楽。

夜間での配達サービスがあったら実は多くの人が選択する時間帯かもしれませんね。

それに対応するのは困難ですが、私は要望がある限りはやっていこうと思います。

法人はまああり得ないので一般家庭の場合のみです。法人は常識で考えて日中しか納品できません。

今の物流関係の疲労と混乱を緩和させるサービスとして、完全夜型の配送業者がいても良いのではないでしょうか?昼夜逆転生活になりますが、そのほうが受け取り率は相当上がるでしょう。

配送業界の問題は再配達です。
疲弊する配送業界。今日も12月の混乱が起きそうな連絡がありました。 何が一番の問題なのか書きました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告