アーロンチェア、エンボディチェア、コズムチェアとモニターアーム&ディスプレイとの特別セットキャンペーン実施中
スポンサーリンク

納品事例を紹介できない理由【個人事業主は顧客や取引先を知られないように】

納品事例の写真

私は自分の家具を販売するお店で、たまに家具を買って貰った個人/法人の納品風景を紹介しています。

家具の納品事例は皆さんにとっても重要ですからね、いろいろ見て参考にもしたいですよね。

納品された光景は写真を送ってもらったり自分で撮影したりと様々ですが、よく法人物件の事例が少ない理由を『法人は載せられないことが多い』ということも自分のHPでは書いています。これは言いわけでもあるのですが本当なんです。

 

どうして法人物件は載せられないことが多いのか。

それと、紹介できないのは他にどういった理由があるかかきます。

 

スポンサーリンク

納品事例を紹介できない理由

 

まずそもそも自分で納品に行かない場合はお客さんにより自発的に写真を送ってもらうしかありません。配達してもよく写真忘れますし。

普通はなかなか写真を送ってもらえないものです。こちらから催促しないですし写真送ってもらったら何かサービスしているとかもないです。

納品事例がたくさんあったほうが売れてるアピールが出来るので店側としては欲しいもんなんですよね。だから他のお店とかで”納品写真送ってもらったら○○プレゼント”とかしているんですよ。

 

それから私のお店で買ったとなると家具の値段に想像が付いていしまいます。

これが都合が悪い人達もいます。伏せておく必要があるんです。個人でも法人でもこういった理由はあります。

 

それと相手が著名な人だとそもそも掲載不能です。

昨年、私でも知っている有名人の自宅(東京)に納品したのですが、まあ写真撮って載せていいかなんて聞けないですよね。だいたいこういった場合は私単独で全てやっているわけではないので聞くことすらタブーっぽいです。

 

それで本題ですね。

法人物件の場合に納品事例として紹介できないのは”私の販路がばれると困る”からです。お客さんも困る場合があります。

なるべく私が販売したということを隠しておかないといけないことが多いです。

それは先方(法人顧客)にとっても同じです。

 

これが新参の小さな存在ゆえの悩みですね。

大っぴらに”どこどこに販売したと”いうことが知られるのが良くない結果を招きます。

法人物件は相見積もりや競合問題、エリア問題、バッティング問題がありますから、それを乗り越えたうえで私が販売しているので、選択されたなかった競合からすると面白くないものです。

顧客側にとっても競合相手を選ばず私を選んでいるわけですから競合相手にもそのことが知られないようにします。

 

そこまでしてどうして私を選んでくれるかというと、これには本当に多くの事情があります。

まず私は価格を安くして奪い取るなんてことはしません。営業しに行くとかしないですし。

 

私はお客さんにとって良かれと考えた都合が良い提案をして、他では思いつかないような経路を考えたり、段取りも良くてレスポンスも早く手納品からアフターフォローまで最も良く出来ます。

これが強いんですよね。

競合相手が大きな企業でも私の方が全部うまくやれるんです。むしろ小回りが利く私の方だからうまくやれたりするんです。

 

だから条件的には私の方が良いのですが、顧客側にとって”私を選ぶ”ということは”相手ともなるその大きな企業を断る”ということでもあります。この選択がなかなかできません。大きな企業じゃなくても私より規模が大きい会社しかありません。

私の方が全て良くても・・・でも私一人を不義理しておけばそれで済むという選択をとってしまうんです。利用できるだけ利用してポイです。

 

が、中には義理を感じてくれたりや正当な評価をしてくれて私を選択してくれることがあります。

こうなるともう黙って表に出さずに完了までします。だから私にとっても顧客側にとっても公開が出来ないんです。

 

納品だけじゃなくて私がどこと取引しているかを出そうものなら、そこと繋がりを絶とうと動かれたりされます。

販売先が悟られようものなら変に営業をかけられたりと散々です。

 

以前されましたもん。

圧力もかけられましたし。

というか今も一部で圧力をかけられっぱなしです。

 

そういえばあのいろんな意味で有名な大手家具屋なんか片っ端から営業をして売り上げを奪うようにしていたことで業界内では有名でした。

 

もちろん法人物件でも相手が公開を望めばこちらもそうします。私のHPやブログはアクセスが多いので宣伝にもなりますしね。

 

新参(まだ9年目ですし)の単独独立した一人事業主なんてのは残念ながら暗躍しないとやっていけないんです。文句を言ってもしょうがないですしお客さんにも迷惑がかかりますから。

 

こういった理由で納品事例が出せないんです。

望みとしては出したいんですけどね、実績として皆さんに知ってもらいたいです。

これを気にせず出せるような存在になりたいですが、まだまだ影に隠れて地道に実力をつけるしかないです。

 

case study shop NAGOYAへのご案内
ハーマンミラーのオフィスチェアやミッドセンチュリー期の名作家具を求める方のお店

ミッドセンチュリー期のデザインの専門家(私)&ハーマンミラー社のオフィスチェアの専門家(私)がやっているお店です。オンラインショップもあります。
ハーマンミラーエルゴノミックアドバイザーであり、ハーマンミラーコレクションアンバサダーでもあることで知識やアフターフォローまで優秀です。
アーロンチェアやエンボディチェアやセイルチェアなどお求めならお薦めです。
個人への家具販売からインテリアデザインに、オフィスデザイン、事務所や商業施設への家具販売に施工からアフターフォローまで承っています。法人向けのコントラクト販売もしていますのでプロの方もご相談ください。ハーマンミラー/マジス/ダネーゼ/メトロクス/レムノスなど正規販売店です。

店舗の経営や独立関係の話
スポンサーリンク
名作家具とデザインの話

コメント

タイトルとURLをコピーしました