アーロンチェアご購入者へ専用アームカバー/エンボディチェアご購入者へフットレストのプレゼントをしています。不要椅子の同時回収処分もやっています。セイルチェアの受注生産仕様の在庫もご用意。こちらから在庫一覧で購入できます。
スポンサーリンク

イタリアンモダンデザインの名作卓上カレンダー「TIMOR/ティモール」

ティモールのラインナップ

– TIMOR –

デザイナー:Enzo Mari (エンツォ・マーリ)

 

エンツォ・マーリによる万年カレンダー「FORMOSA(フォルモサ)」のフォントパターンはそのままに、卓上でも使えるようにされたデザインされたティモールは万年卓上カレンダーとして50年以上も存在感を発揮しています。

何処でも置けてさりげなく存在感を発揮する名作カレンダーです。

 

>>エンツォ・マーリとは

理想の社会を構築するデザインを生み出す「エンツォ・マーリ」のストーリー
イタリアンモダンデザインの重要人物であり、今なお現役で活躍する重鎮です。 エンゾ・マーリと今まで表記されていましたが、現在はエンツォ・マーリと表記を変えています。 ダネーゼには欠かせない作品の彼自身のあまり知られていない話です。

 

スポンサーリンク

イタリアンミッドセンチュリー期の名作プロダクト

フォルモサ(フォルモサ)

1963年にデザインされダネーゼから発売されたフォルモサは壁に取り付けるタイプの万年カレンダーでした。(当時はショップダネーゼ)

ハッキリとしてフォントとミニマルな構成のアート性が当時から受け、現在でも壁面を飾る名作カレンダーとしての地位に君臨しています。

>>ダネーゼとは

 

ティモールの収納時

しかし壁が無いと飾ることが出来ないということで、もっと手軽に使えるようにデザインをされたのがティモールです。1967年に同じくダネーゼから発売されました。

フォルモサのフォントとイメージはそのままに、万年カレンダーとしての使いやすさも備えた卓上用のデザインです。

 

ティモール展開図

そのアーティスティックな様子は発売時から注目を集め、イタリアの著名デザイン雑誌「DOMUS(ドムス)」の表紙を飾るなど各方面で使われました。

センスのあるインテリアオブジェとしてこちらも50年以上愛されています。

空間に一つ置くだけで急に格好良くなる強さを小さいながらに持っています。

 

ティモールの実物

昔と違い今は日付の情報取得が容易ではありますが、あえてこういったカレンダーを習慣的に使うことが日常を楽しくさせるコツでしょう。朝起きたらこのカレンダーをめくることが一日の始まりです。

一目見たら記憶に残るデザインです。

マーリのプロダクトにはたびたび地名が名付けられます。

オリジナルはイタリア語Ver.でしたが、現在は英語Ver.が日本で流通しています。

 

ティモールの後ろ姿

余談ですけど、ブラックカラーを後ろから見るとなんとなくカラスっぽいです。

後姿の奇妙さが面白いですね。知らない人には表面がカレンダーになっているとは想像がつかないと思います。

 

ダネーゼのフィロソフィーは量産するアートです。

つまりこのティモールはアートでもありプロダクトでもありますから、一生の趣味として一つは部屋にあると格好良いです。

 

>>TIMOR(ティモール)商品ページ (私のお店)

【DANESE】ダネーゼ TIMOR ティモール 万年カレンダー
ダネーゼ社のアイコン的名作万年カレンダー。 エンツォ・マーリによる傑作です。

 

>>TIMOR(ティモール)限定カラー商品ページ (私のお店)

DANESE ダネーゼ TIMOR ティモール 限定カラー グリーン ブラウン
ダネーゼ社のアイコン的名作万年カレンダーの数量限定カラー

 

case study shop NAGOYAへのご案内
ハーマンミラーのワークチェアやミッドセンチュリー期の名作家具を求める方へ

ミッドセンチュリー期のデザインの専門家(私)&ハーマンミラー社のワークチェアチェアの専門家(私)がやっているお店です。オンラインショップも好評です。
ハーマンミラーエルゴノミックアドバイザーであり、ハーマンミラーコレクションアンバサダー(全国一位)でもあることでセールスに知識やアフターフォローまで優秀です。
アーロンチェアやエンボディチェアやセイルチェアなどお求めならお薦めです。倉庫を借り在庫も持ち全国どこでも保証もアフターフォロー可能です。
個人への販売/インテリアデザインに、法人向けにコントラクト販売/オフィスデザイン/商業施設への家具販売納品・施工/アフターフォローまで承っています。プロの方もご相談ください。ハーマンミラー/マジス/ダネーゼ/メトロクス/レムノスなど正規販売店です。

名作家具やデザインの話
スポンサーリンク
名作家具とデザインの話

コメント

タイトルとURLをコピーしました