アーロンチェアご購入者へ専用アームカバーをプレゼントと不要椅子の回収やっています
スポンサーリンク

【立体視】ステレオグラムで立体的に家具を見ることができる

この写真は私がずいぶん前にイームズエレファント(ミニチュア)を撮影して同じ写真を二枚並べて作った画像です。

二枚写真を並べるたのにはちゃんと理由があります。芸術性のためとかではありません。

 

もう気づいた人は裸眼立体視の平行法か交差法を用いて画像を見たはずです。

 

意味がわからない人は続きを読んでください。

 

スポンサーリンク

3Dに見える技法

さて、もう一度画像を張りましたが、この画像は「ステレオグラム」なんですよ。

ステレオグラム(立体画/立体図)は対象を立体的に見えるように描かれた、あるいは撮影された写真のことです。目の焦点をずらして左右の絵を見ることで立体的に見ることで立体的に見ることが出来ます。

 

90年代に日本で流行りましたよね?立体視を使った本が売れたじゃないですか。

 

立体視 - Wikipedia

 

ステレオグラムの説明は非常に難しいため、ここはwikiを読んでもらうのが一番早いです。

 

ステレオグラム - Wikipedia

 

よーく読み込みました?

そしたら私が作ったステレオグラムを見てみましょう。

 

わかりやすくエレファントの上に黒丸を付けました。これを目印にしてください。

二つの黒丸を左右の目で両方見ながら、視線をずらして(寄り目)二つの黒丸を中心で一つにしてください。そうして視界の中に黒丸を3つ見えるようにしてください。

その視線の状態を維持したままエレファントの画像を見てください。

 

わかりませんか?もうちょっとわかりやすく説明します。

 

左右の黒丸を、視線だけで中心にずらしていって、最終的に左右の黒丸を真ん中で交差させて一つの黒丸にするんです。

それが出来たら視界の中には黒丸が三つになるはずなんですよ。

 

じゃあこれを踏まえたうえでもう一度やってください。

 

出来ました?

立体視が成功すればエレファントが3Dに立体的に見えたはずですよ。

 

どうしてもできない人は何度も説明を読んで何度も繰り返してください。

視力回復に良いそうですよ。

 

ただやりすぎると気分が悪くなることがあるので注意してください。三半規管にくるんですよ。乗り物酔いみたいになります。

 

このステレオグラムを使えばインターネット上でも家具を立体的に見せることが出来ます。

この手法を使って何か面白いことがが出来ないかなと思ってはいるのですが、思っているだけで別段何もやっていません。

まあネタとして今後使えたら良いアイデアですね。

 

最近では意外と新鮮なステレオグラムでした。

出来るのな家具の写真を全部ステレオグラムにして掲載したいですね。

 

case study shop NAGOYAへのご案内
ハーマンミラーのオフィスチェアやミッドセンチュリー期の名作家具を求める方のお店

ミッドセンチュリー期のデザインの専門家(私)&ハーマンミラー社のオフィスチェアの専門家(私)がやっているお店です。オンラインショップもあります。
ハーマンミラーエルゴノミックアドバイザーであり、ハーマンミラーコレクションアンバサダー(全国一位)でもあることで知識やアフターフォローまで優秀です。
アーロンチェアやエンボディチェアやセイルチェアなどお求めならお薦めです。
個人への家具販売からインテリアデザインに、オフィスデザイン、事務所や商業施設への家具販売に施工からアフターフォローまで承っています。法人向けのコントラクト販売もしていますのでプロの方もご相談ください。ハーマンミラー/マジス/ダネーゼ/メトロクス/レムノスなど正規販売店です。

家具やインテリアやプロダクトの話
スポンサーリンク
名作家具とデザインの話

コメント

タイトルとURLをコピーしました