むかしカフェで働いていた時のブラックな思い出

カフェ

最近飲食店関係の話がいろいろあります。お客さんが喫茶店を開業したり、友人がカフェを作るのに相談を受けていたりと。

 

そういえば思いだしてみると、私は若い時にカフェでバイトしていたことがあります。

もうそのお店は存在しませんが栄にある一見洒落た感じのオープンテラス付きのカフェでした。

一等地にあったんですよね。運営会社が広告関係の仕事をしており、そこの事業の一環としてカフェをやっていたんですよ。

 

今思い返してみるとけっこうハードな職場環境でした。

思いだしつつ書いてみます。

 

スポンサーリンク

こんな職場でした

 

最初に渡される制服やエプロンは使い古しのお古なので最初から汚い。

しかも一枚のみなので、各々で洗濯をしてアイロンまで掛ける指示を受ける。(やってない人もいた)

 

着替えるスペースが店内に無いため、近くの美容院のロッカースペースを間借りしている。

肩身狭い。

 

勤務開始時間の15分前には仕事を開始していないといけない。

当然タイムカードを付けても時給は変わらないです。

 

なんのこだわりもやる気もない飲み物と食事。

ただのインスタントのコーヒーに冷凍食品を組み合わせたランチセットでした。素人でも誰でも簡単調理!

この時にカフェのからくりを知ったのですが、食品会社が注文したサラダや食品を配達して街を回っているんです。

デミグラスソースもパスタも、もう何もかも冷凍。ゆでるだけ、炒めるだけ、チンするだけ。

それでいてメニューの代金は高い。

ケーキ類などのショーケース内の食べ物は少量しか作らず常に品切れ状態でした。ケチりすぎ。

 

行列が出来るほど忙しいのにレジは一つでスタッフも少ない。

立地が良いから混むに決まっているのですが、全然スタッフを増やそうとしません。

 

既に税込み表示が必須になっていたのにメニューの看板も全部税抜き表示のまま変えない。

それだけじゃなく、トレーからコップからテーブルから何もかも古くてボロボロなのに買い替えないドケチっぷりす。とにかく見栄えが悪い。

 

その時の店長がクレイジー。

店長は当時20台後半の女性だったのですが、とんでもなく切れやすくちょっと手が付けられない人物でした。まだ社会も何も知らない私には恐怖でした・・・

店長は会社から休みが貰えないので年間で臨時休業日しか休んでいませんでした。

いつもノーメイクで、朝出勤をしてくるともう不機嫌オーラがマックスです。ものすごいイライラして怠そうにしています。何かあれば怒るのは当たり前で、新人に何かを教えるのも雑で厳しいです。二度目を聞くとキレます。

お店のことを一番考えて厳しくしていると言っていたような気がしますが、いまの私から思い返すと掃除の指示もできないし、細かい部分にも気づけないし肝心な部分がなに一つ出来ていない人物でしたね。しかし当時の私は経験不足ですしそうしたことに気づきはしません。

 

この店長のおかげで以下の制約ができていました。

 

・スタッフ同士の私語禁止。営業前の準備中でも。(店長はする)

・お客さんが多かったら早番でも帰らせてくれない。

・一日の休憩時間は15分しかとれない。もちろん休憩所は無いので調理場の片隅で座れるのみ。

・賄(まかない)付きと聞いていたのに、賄として使って良い食材は残りものの白いご飯と卵と塩コショウのみ。それを炒めてタッパーに入れたのを当日のスタッフみんなで分けあう。後の人のことを考えて全部食べてはいけないので、だいたいお茶わん一杯分食べられるかどうか。

これちょっとみすぼらすぎませんか?当時は疑問に思わなかったですね。その昼食の時間も休憩時間の15分だけですよ。

店長は毎回ランチ代を払ってお店のランチを食べていました。

・居酒屋並に大きな「いらっしゃませ」を言わないといけない

 

あ、あと一度ですが、私が何かミスをしたときに店長から脇腹を殴られました。うける。

 

他には。

 

カフェがヤ〇ザのたまり場。たまーに店内全部ヤ〇ザで会議をしていることがある。

 

運営会社側の人間はスタッフを人間とは思っていないので目も合わせない挨拶もしない無視。

店長にも笑顔一つなく厳しいことを言っている。

 

落ちた食材は戻して客に出せと指示をしている

 

お店が汚すぎてゴキちゃんが大量にいる。でっかいのが営業時間中でも店内を出歩いていたことがある。

そもそも衛生観念がない。

 

それでいて時給700円ぐらい。

 

・・・うーん、こうして思い返してみると結構なあれですね。あれ。

当時はこうしたことが普通だと思いこんでいますから何も不思議とは感じてはいませんでした。これが洗脳ですね。

 

そりゃ運営会社は儲かりますよ。

場所さえ良ければ人はいくらでも来ると言った感じです。

 

こうした経験から私は立地が良いだけの心意気が感じられない飲食店に行くのは嫌になりました。どうせコンビニ程度の食事しか出てきませんからね。

行くなら個人店やちゃんと理念を持った企業が経営している飲食店に行きたいです。

 

case study shop NAGOYAへのご案内
イームズや名作家具やアーロンチェアを求める方のお店

ミッドセンチュリー期のデザインの専門家(私)がやっているお店です。オンラインショップもあります。
個人への家具販売からホームコーディネートに、オフィスデザイン、事務所や商業施設への家具販売に施工からアフターフォローまで承っています。法人向けのコントラクト販売もしていますのでプロの方もご相談ください。ハーマンミラー/マジス/ダネーゼ/メトロクス/レムノスなど正規販売店です。

コラム
スポンサーリンク
名作家具とデザインの話

コメント

タイトルとURLをコピーしました