某大手家具屋の在庫一掃セールについて思うこと

在庫の図

あの有名な某大手家具屋が在庫一掃セールをやっているなんてインターネット記事を見ました。

それについてニュース各社がいろいろ思惑を書いているのも読みました。

その中でよく書かれているのが「赤字でもキャッシュが欲しい」的な評論です。

私の意見は違いまして・・・

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




キャッシュ(現金)が欲しいのはそうだと思いますが、いや、これ、80%OFFで販売しても利益が出るんだと思いますよ。60%OFF、50%OFFと並んでいますが、割引率の違いは単純に利益率の違いでしょう。

ラインナップが掲載されているページも見ましたたけど・・・

「あんな家具があの価格って?高くね?何がそんなに高くなるの?ブランドバッグとかそんなものなの?いやでもどう考えてもこのスペックで定価が高すぎますよ、でもブランド料というわりにはどここのメーカー?利益率の固まりだな!」

なんて印象しかありません。二重価格かと思えるぐらい高価格です。

コピーみたいなデザインもありますし。

安くできる物を安くしているだけの印象です。

おそらく今回の件、私のように利益率だと察知する人たちも多いでしょうから、普段がどれだけ高価格の定価設定をしているかわかってしまいました。(凄まじい利益率です)

それに、『家具の利益率はそんなに高いのか!』なんて誤解を消費者に与えますから、業界全体への不信に繋がります。いやいや、この会社だけですから異常な利益率なのは。影響力のある会社がやっていいことではありませんから、最後の最後までこの会社は周りに迷惑をかけますね。

いや利益率が高いこと自体は良いんですよ。別にそれはなんでも高く売れるのならいくらでも高く売れば良いわけですから。

問題としては、『このテーブルがこの価格だったら、もっとクオリティも高くて良いデザインのものがもっとお値打ちに買えるよね。そっち薦めたほうが良くない?』ということです。

高すぎます。さっきのブランドバッグのように、そのブランドだからロゴ代として買う!とかそういった話じゃないですから。購入者は聞いたこともないブランドですし、他の人もほとんど知らない”イタリアを代表するトップブランド”なわけですから。

それに逆効果ですね、このセールは。今後もう新品の家具が定価で売れなくなりますよ。

現金化するだけしてもうお終いにしようとしているのなら話は別ですが。

メーカー品は薄利にしてオリジナルで稼ぐ。定番の商売でしたが、あくまでクローズドの商売だからできたやりかたでしょうか。

あの有名な大手家具屋。高級志向だったのが中価格路線でうまくいかなくなったとかなんだとか言われていますが、高級家具屋なのに正規品じゃないものを販売していますからね。高級家具屋を謳うのなら正規品のみにしてもらいたいです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告