JAGDAによる日本のグラフィックデザイン2018が開催

グラフィックデザイン2018

東京ミッドタウン・デザインハブ第73回企画展
【日本のグラフィックデザイン2018】

会員約3,000名を擁するアジア最大級のデザイン団体「日本グラフィックデザイナー協会(JAGDA)」が、1981年より発行を続ける年鑑『Graphic Design in Japan』の2018年版の発行を記念して、掲載作品の中から約300点を実物と映像で展示します。

身近な雑貨から、書籍、商品パッケージ、シンボル・ロゴ、ポスター、ウェブサイト、映像、展覧会やショップの空間デザインに至るまで、世界でも評価の高い日本のグラフィックデザインの現在を閲覧できます。

展覧会ヴィジュアル(デザイン:田部井美奈)

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




会期:2018年6月20日(水)~7月31日(火)11:00‒19:00
会期中無休・入場無料
会場:東京ミッドタウン・デザインハブ
主催:東京ミッドタウン・デザインハブ
企画・運営:公益社団法人日本グラフィックデザイナー協会(JAGDA)

●関連イベント
会期中に2回、第一線で活躍する多彩なゲストを迎え、トークイベントを開催します。

[トーク-1]
「JAGDA設立40周年とグラフィックデザインの光芒」
日 時:7月17日(火)19:00-20:30
ゲスト:臼田捷治(デザインジャーナリスト)
葛西 薫(JAGDA会員/[株]サン・アド)
聞き手:髙田 唯(JAGDA年鑑委員/[株]Allright)
詳細・申込み:Eventページ

[トーク-2]
「動画と画像」
日 時:7月26日(木)19:00-20:30
ゲスト:中村勇吾(tha ltd.)
岡崎智弘(JAGDA会員/SWIMMING)
聞き手:田中良治(JAGDA年鑑委員/[株]セミトランスペアレント・デザイン)
詳細・申込み:Eventページ

[各回共通]
会 場:インターナショナル・デザイン・リエゾンセンター(デザインハブ内)
定 員:80名(それ以上は立見の可能性あり)
参加費:各回1,000円(1ドリンク付)
*JAGDA会員・フレンドメンバーは無料(賛助会員は1社につき2名まで)
*購入済チケットは理由の如何を問わず、取替・変更・キャンセル不可

●年鑑『Graphic Design In Japan 2018』
厳正な選考を通過した約600作品(1,500図版)を掲載。世界でも評価の高い日本のグラフィックデザインの現在を伝えつつ、データベース性も持たせた、実用性の高いデザイン年鑑です。

収録内容
カテゴリー:ポスター/ジェネラルグラフィック/CI・VI・シンボルロゴ・タイプフェイス/ブック・エディトリアル/パッケージ/新聞広告・雑誌広告/環境・空間/インタラクティブデザイン/映像/複合

序文:浅葉克己(JAGDA会長)
巻頭言:臼田捷治(デザインジャーナリスト)
特集ページ企画:「2018 私の一点」
編集・制作:JAGDA年鑑委員会
編集長:林 規章
ブックデザイン:田部井美奈

発行:公益社団法人日本グラフィックデザイナー協会(JAGDA)
発売:株式会社六耀社/2018年6月25日
価格:16,200円(税込)/ISBN 978-4-8151-0003-2

公式HP http://designhub.jp/exhibitions/3836/

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告