ダネーゼの日本輸入代理店クワノトレーディングの話

上質なデザインを世に送り続けるイタリアのブランドといえば「DANESE(ダネーゼ)」です。

イタリアのダネーゼはその歴史こそがダネーゼである理念となっています。 健全な美意識のために必要なメーカーです。

私も好きなメーカーですし、私もお店でも正規販売しています。

日本でダネーゼは輸入代理店が存在し、その会社の手により国内で管理され拡販されています。

その会社が東京の神田にある「有限会社クワノトレーディング」です。

同社の代表である桑野素弘氏によって2001年から正式に日本で流通が始まりました。

私もダネーゼで普段この会社とお取引をさせてもらっています。

クワノトレーディングですが、私は何回か訪問したことがあります。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




ここは神田にある同社の所在地です。

扉が格好良すぎてびっくりしました。神田といえば古くからある街並みが味わい深い場所ですが、この場所だけ空気が違います。

中も案内してもらいました。

そしたらあまりの書籍量にまたビックリです。ちょっとすごすぎますね。

全てデザイン関連の書籍です。

その話は後で書くとして、ここでダネーゼやレキシートといったメーカーの情報発信、在庫管理や発送などすべてを行っています。

少数の会社ですが、知識や経験レベルはすごいです。

ダネーゼは1人で担当しているのですが、考え方や経験や知識が他ではそうそう見ないです。

話すと気が合うんですよね、私と。多分考え方が似ています。なんというか物事をフェアに考えて、先を見て動ける人です。

人間性も含めてダネーゼはこの人なら安心だなって感じます。

それで同社の代表はイタリアンモダンデザインが得意なだけでなく、古書に関する知識も別格です。

デザイン専門の予約制の古書店「パージナ」も同時に運営しています。

これだけの本の量ですが、私が「アンジェロ・マンジャロッティ関係の書籍が欲しいです」と伝えたら、サッと探して出してくれました。頭に入っているそうなんですよ。

良い本だったので買って帰りました。

ものすごい詳しい人なのですが、あまり表に出てこない人なので世間的な知名度は少ないと思います。

なんでしょうね、詳しい人ほど隠れていますよね。不思議。

ダネーゼは良いメーカーですし、こんな会社によって日本で流通しているのでレベルの高い作品として認識されているんだと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告