エンツォ・マーリの「アーメランド」とペーパーナイフは現代でも需要があります

ペーパーナイフ

– AMELAND –

デザイナー:ENZO MARI (エンツォ・マーリ)

名作ペーパーナイフといえばエンツォ・マーリが1968年にデザインした「アーメランド」です。

ステンレスをひねっただけのデザインに見えますが、計算された角度は使いやすさも重視されています。

さらに彫刻的な存在感は、デスクの上に置いておくだけでも魅力的です。

理想の社会を構築するデザインを生み出す「エンツォ・マーリ」のストーリー
イタリアンモダンデザインの重要人物であり、今なお現役で活躍する重鎮です。 エンゾ・マーリと今まで表記されていましたが、現在はエンツォ・マーリと表記を変えています。 ダネーゼには欠かせない作品の彼自身のあまり知られていない話です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




さて、そんなペーパーナイフですが、”果たして今も需要があるか”です。

OLFAのカッターナイフが普通に存在するこの世の中、わざわざペーパーナイフを使う必要があるかですね。

オルファ株式会社 【公式サイト】
オルファ株式会社は世界で初めてカッターナイフを発明したメーカーです。刃先をポキポキ折ることで最後まで切れ味を持続させる方式を考案、 世界初「折る刃式カッターナイフ」が誕生しました。現在、世界百ヶ国以上に輸出するまでになったほか、オルファの刃のサイズ、折れ線の角度が世界標準になっています。

もちろん趣味的にペーパーナイフを使うということはあります。そりゃあデスクで便箋を開ける時に、このペーパーナイフでサッと開けていたら格好良く見えるでしょうからね。

士業の方なんかは特にです。重厚な椅子と机の上にはペーパーナイフが似合います。

そうじゃない限り『別に郵便とかカッターナイフで開けるし』という人が多そうなイメージです。

実際そうかもしれませんね。私も郵便を開ける時は素手かカッターです。

売っておいて自分でペーパーナイフを使っていないという衝撃的な事実です。言い訳をさせてもらうと、ペーパーナイフを置いておいても普通にカッターナイフを使ってしまうからです・・・

そうです、ここが肝なんです。

”近くにカッターナイフがあるからペーパーナイフは使わない”という話です。

ここが今もペーパーナイフの需要がある部分に関わります。

ナイフのアップ

お客さんから聞いた話なのですが、会社や部署によっては「刃物やカッターナイフ類の持ち込みを禁止」してるところがあるそうなんです。

これはそういった会社に勤めていないとわからないことですね。私も聞くまでそんなこと知りませんでした。

おそらくセキュリティの観点か、刃物でコードを切ってしまうといった事故防止なんだと想像します

そうした会社ではペーパーナイフじゃないと置いておけないので、郵便を開けるのに普通にペーパーナイフを使うそうです。

だからペーパーナイフは現代でも求められているものなんですよ。

そこに来てこのダネーゼ社が販売を続けているエンツォ・マーリのアーメランドはすごく格好良いペーパーナイフなので評判も良いです。

古くからあるものが意外と今でも求められているということですね。

DANESE アーメランド AMELAND ペーパーナイフ
エンツォ・マーリの名作ペーパーナイフ。 ダネーゼ社正規品。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告