その気持ちにさせるイームズエピソード | 名作家具とデザインの話

その気持ちにさせるイームズエピソード

チャールズ・イームズのエピソードにこんな話があります。

”イームズ”の名前は有名ですが、イームズと検索すると間違った情報や嘘や誤解がある情報がほとんどです。 イームズとはいったどんな人物か、どんなことをしたのか、詳しく正しい情報をお伝えします。

この話は、元イームズオフィスのスタッフだったジョン・ニューハートによって語られたものです。

”チャールズは人を引き寄せる術を心得ていたんだ。なにか問題があると「きみならどうする?」と問いかけてくる。
チャールズは子供の頃、姉に「歯医者へ行きなさい」と言われて「それならボクを歯医者に行きたくなるような気持ちにさせてよ」と答えたそうだ。
それと同じやり方で僕たちとも接したんですよ。”

これは本当にそうだなって思います。

私自身も日頃から思っていることです。

「そうしろ!」と言うだけでは、うまくいかないものです。

例えば私の仕事の場合、家具インテリアの販売をしているわけですが、そこで「買いなさい!」って言ってもしょうがないです。反感を買うだけです。

買いたい気持ちにならないといけません。

お店ってそういう役割だと思うんですよ。伝えること、そしてわかってもらえること、理解してもらえること。
人の心の琴線に触れる提供が必要です。

みなさんの仕事ででも当てはまるんじゃないでしょうか。
そして日々の生活でも。

ああしろ、こうしろと言うだけでは、相手もうまくやってくれませんし、結果も芳しくなかったりします。

本人がそうした気持ちになるのが、もっとも健全な結果を生むでしょうね。

参考になる話です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告