youtubeをやっていますのでご覧ください。そしてチャンネル登録お願いします。
ハーマンミラー製品価格改定のお知らせ

大幅値上がりをします ※11/12 12:00再更新 内容追記

詳細はこちら
スポンサーリンク

今のタイミングだけアメリカの家具は日本で買う方が安いです

為替と輸入家具の国内価格

ここ最近円安がどんどん進行しており、輸入品の価格に関わる業界は悩ましい状況になっています。(逆に輸出は良い状況です)

もちろん海外家具を販売する商売はこの影響が大きく値上げが余儀なくされています。

でも為替の進行具合にまだ日本での販売価格が追いついていない状況でもあるので、実はいま、アメリカの家具については日本で買ったほうが安い状況になっています。

 

例えばハーマンミラー社の製品ですが、いまアーロンチェア/グラファイト/グラファイトベース/BBキャスターはアメリカで$1,645なので¥147(2022/11/1時点)で計算をすると¥241,815となります。

日本の定価は現在¥336,600(税込)ですが、私のお店の小売価格は¥226,600(税込)のままですので日本のほうが断然安いことになります。

エンボディチェアのグラファイト/メドレーは$1,745ですから日本円にすると¥256,515です。

日本の定価は現在¥313,500(税込)ですが、私のお店の小売価格は¥231,000(税込)のままですのでこちらも日本のほうが断然安いことになります。

セイルチェアもラウンジチェアも大抵の製品は日本の方が価格が安いです。

※ただしもう少ししたらリテールプライスも値上げする予定なので今だけの話です。

 

リテールプライスを採用しているハーマンミラー製品&現状は円安といえども価格反映までタイムラグがあるため珍しい状況になっています。

だから日本で購入するには悪くないタイミングなんです。

でも時間が経つごとに為替レートに合わせた販売価格になっていくので、これからますますの値上がりが予想されます。もうそろそろですかね。

それでなくてもコロナの影響からの原材料や人件費や物流費用の上昇により製品の値上げが顕著なので、これからもっと上がっていくことになると予想されます。

とくにアメリカの製品は他業界を見てもらえればわかりますが、インフレが進んでいますので製品の高額化が進行しています。アメリカでは普通でも日本にとっては高額ということです。

 

家具業界は同じものをずーっと売り続けますから欲しい時に買っておいた方が無難です。

どうせ値上がりしていきますし、『数年前に買っておけば良かった・・・』なんて話は耳にタコができるぐらい聞きました。

私もその一人ですけどね!

 

case study shop NAGOYAへのご案内
ハーマンミラーのワークチェアやミッドセンチュリー期の名作家具を求める方へ

ミッドセンチュリーデザインの専門家(私)&ハーマンミラー社のワークチェアチェアの専門家(私)のお店です。オンラインショップはamazon payと楽天ペイの利用が可能です。
ハーマンミラーエルゴノミックアドバイザーであり、ハーマンミラーコレクションアンバサダー(全国一位)でもあることでセールスに知識やアフターフォローまで優秀です。
アーロンチェアやエンボディチェアやセイルチェアなどお求めならお薦めです。関東に倉庫を借り在庫も持ち全国どこでも保証もアフターフォロー可能です。
個人への販売/インテリアデザイン/法人向けにコントラクト販売/オフィスデザイン/商業施設への家具販売納品・施工/アフターフォローまで承っています。プロの方もご相談ください。

コラム
スポンサーリンク
名作家具とデザインの話

コメント

タイトルとURLをコピーしました