バルセロナチェアをより完璧なものへと補完する名作家具「バルセロナテーブル」

バルセロナテーブル実物

– Barcelona Table –

デザイナー:Ludwig Mies van der Rohe (ルードヴィヒ・ミース・ファン・デル・ローエ)

 

建築三大巨匠の一人であるミース・ファン・デル・ローエがデザインをした最も有名な名作家具といえば「バルセロナチェア」です。

その「バルセロナチェア」を補完する存在として生まれたのがこの「バルセロナテーブル」です。

椅子の曲線と机の直線、対照的なデザインが印象的な名作テーブルです。

 

【バルセロナチェア】ルードヴィヒ・ミース・ファン・デル・ローエのストーリー
バルセロナチェアでとくに有名なミース。その彼自身のストーリーを理解すると巨匠ということがわかります。 世界三大建築家の一人の人生を書きました。

 

スポンサーリンク

ガラス天板を使った名作テーブル

バルセロナテーブルのコーディネート

(インターオフィス大阪)

このテーブルはバルセロナチェアと同じく1929年に開催されたドイツ万博のバルセロナパビリオンのためにデザインをされました。国王と王女のためにデザインをされたのはバルセロナチェアだけでなく、バルセロナスツールとバルセロナテーブルもです。

このテーブルはバルセロナチェアを置いた空間を完璧なものとするための存在です。

 

バルセロナチェアは脚が曲線しておりXが美しいデザインですが、テーブルは直線で構成された対照的なデザインです。

中心部でクロスしていることでバルセロナチェアと同シリーズだということがわかります。どちらもスチールが交差したデザインです。

 

バルセロナチェアの歴史と正規品がなぜKnoll社なのか解説
有名なバルセロナチェアのストーリーまで知っている人はほとんどいないと思います。 いくつも会社を渡り歩き、ミース・ファン・デル・ローエ自身の想いとともに現在の形に至るまでのお話です。 どうしてKnoll社から発売されるようになったか、どうして正規品かを書きました。

 

バルセロナテーブルのアップ

このテーブルは古代ローマ時代に使われた十字フレームの椅子を基にしているそうです。

ミース曰く”新旧のデザインを調和する必要がある”ということだとか。

 

バルセロナテーブルという名前ならフレームがバルセロナチェアと同じように曲線のデザインにした方が統一感があるような気がしないでもないです。

 

1971年のknollshowroom

実はそういったテーブルは存在するんですよ。

この写真は1971年のニューヨークにあったKnoll Showroomです。ウームチェアの隣にサイドテーブルがありますが、脚がそのままバルセロナチェアのデザインを踏襲しています。

これはこれで良いですね。

 

トーネットHPから

(トーネットのHPからhttps://www.ton.eu/en/fairs-archive/vila-tugendhat,-brno-czech-republic/)

トュウゲンハット邸でもバルセロナチェアとトュウゲンハットチェアの間でテーブルは使われていました。

 

名作椅子バルセロナチェアをカンティレバー構造にした「トュウゲンハットチェア」
– Tugendhat Chair – デザイナー:Ludwig Mies van der Rohe (ルードヴィヒ・ミース・ファン・デル・ローエ) 先日まで東京・青山のKnoll Japan Showroomにて開催されて...

 

ガラス天板に直線ラインが美しいこの構成は、ミースによる名言”Less is More”(より少ないことはより良い)を体現したモダニズムの傑作家具です。

ミニマリズムの象徴ともいえるこのテーブルは、現在はKnoll社にて製造販売されています。

製品化のストーリーはバルセロナチェアとほぼ同じですのでそちらをお読みください。

 

高級感が半端ないテーブルですね。一目で名作で一目で高価ということがわかるデザインです。

静かなハイクラスな場所と相性が良いです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました