レムノスのアイスクリームスプーンの話 | 名作家具とデザインの話

レムノスのアイスクリームスプーンの話

近年の㈱タカタレムノスでの大ヒット商品はこちらです。

15.0%のアイスクリームスプーンです。

写真のこれ自体は先日インターオフィス大阪営業所で催されたKnollエキシビジョンのレセプションのお土産です。

インターオフィス大阪ショールームにて、世界的なモダンデザインメーカー「knoll」の展示が行われます。 モダンファニチャーの世界を楽しむことが出来ます。

私自身はレセプション当日に行けなかったのですが、前日にマジス大阪ショールームのオープニングパーティーがあったので、その前にお邪魔しました。

そしたらご丁寧に私にもプレゼントしてくれたんです。ありがたい限りです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




このアイスクリームスプーンはアイスクリーム好きのためのプロダクトです。

アイスクリーム好きのあなたに!「15.0%」はアイスクリームが大好きな人にもっともっとアイスクリームを大好きになってもらうためのプロジェクトです。

公式サイトに詳しく書いてあるのですが簡単に説明すると、アルミニウム一体成型でできたボディは熱伝導率が高く、手の温度が先端に伝わりやすく固いアイスも溶けるまで待つことなくすくうことが出来る優れモノなんです。というものです。

今までにこのアイデアのスプーン自体は存在したのですが、デザインとクオリティ、そしてブランディングが斬新なものですね。

固いアイスありますよね。ほら、例えば・・・新幹線のアイスとか。ものすごい固さですよね。そうした時にあると重宝するでしょう。

特にこれからの冬場が良いんじゃないでしょうか。寒くてもアイスが食べたいですし、なかなか溶けない気温ですからね。

あと、普段使いしないものなのでプレゼントとして喜ばれるのがこのプロダクトの売りですよ。

プレゼントというのは、自分では買わないけど、もらったら嬉しいものが最適ですから。

インターオフィスのエキシビジョンでどうしてこれを貰ったかというと、インターオフィスの取締役社長がデザイナーの寺田尚樹 氏なんです。

ちょうどこのスプーンを貰った時にKnollのプレゼンのために大阪に来ていたんです。

多くの場所で見かけるプロダクトなので、皆さんも目にしたことがあるはずです。既に持っている人も多くいるでしょうね。

そんなタカタレムノスは、私も取引をしている会社なのでお店では渡辺力の時計を主に販売しています。これでもちゃんと取引して正規販売店をやっているんですよ。同業者には結構驚かれます。

でもこのスプーンは展開していません。仕入れたこともないです。

確かにすごく売れるものなんですが、集客があるお店向けでもあると思うので、うちのように通りすがりの来店もほとんどないような店舗では難しいものです。

それに、生活雑貨を売りにすることもないので、これ一つあったら存在が浮くことになります。

充分売れているものですから、世の中の正規販売店で購入するのが健全だと考えています。適材適所がありますよね、お店には。

私はこの宣伝ぐらいで貢献します。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告