BAUHAUS(バウハウス)

ニュースや新作やイベントの情報

香川・高松市美術館にて「開校100年 きたれ、バウハウス ―造形教育の基礎―」が開催

バウハウス開校100年を祝う巡回展「きたれ、バウハウス」が2019年8月3日より新潟市美術館でスタートしており、2020年にかけて全国の5つの美術館へ巡回しています。 この展示は「バウハウスとは何か?」 という問いに「...
ニュースや新作やイベントの情報

ミサワバウハウスコレクションにて企画展「バウハウスの曲線 -バイヤー、ブロイヤー、ヴァーゲンフェルト」が開催

ミサワバウハウスコレクション第30回企画展 2019 年 11 月 15 日(金)~ 2020 年 3 月 19 日(木) 東京・杉並区にある日本唯一のバウハウス専門美術館ミサワバウハウスコレクションにて、「バウハウ...
名作家具やデザインの話

名作椅子バルセロナチェアをカンティレバー構造にした「トュウゲンハットチェア」

– Tugendhat Chair – デザイナー:Ludwig Mies van der Rohe (ルードヴィヒ・ミース・ファン・デル・ローエ) 先日まで東京・青山のKnoll Japan Showroomにて開催されて...
ニュースや新作やイベントの情報

バウハウス創立100年記念全世界限定365脚のミースコレクションとKnollショールームにて特別展示会が開催

今年2019年はバウハウス設立100周年です。それを記念してKnoll Japanショールームにて全世界365脚限定のバルセロナチェアとMRコレクションが発売されます。 また、同ショールームにてバウハウスを代表する建築家/デザイナーのミース・ファン・デル・ローエとマルセル・ブロイヤーの2⼈に焦点をあてた特別展示を椅子研究家の織田 憲嗣 氏の協力により開催します。
名作家具やデザインの話

マルセル・ブロイヤーの名作「チェスカチェア」とスタムとの裁判について

カンティレバー(片持ち構造)の最初の椅子であるチェスカチェアはブロイヤーの名作椅子です。 しかしマルト・スタムとの裁判によって非常に複雑なストーリーを持っています。これにより一部ではチェスカチェアはスタムデザインであるという記載にもなっています。理由を書きました。
ニュースや新作やイベントの情報

バウハウス100年映画祭りが上映決定 全国順次開催

「バウハウス100年映画祭」の開催が決定しました。2019年11月23日(土)より渋谷ユーロスペース他、全国順次開催です。バウハウス誕生から100年を記念して、バウハウスに関連した選りすぐりのドキュメンタリー6作品を一挙日本初上映。
ニュースや新作やイベントの情報

マックス・ビル生誕110周年を記念して新製品発売やイベントが開催されます

バウハウスの意思を受け継ぐ最後のデザイナー「マックス・ビル」の生誕110年を記念してメトロポリタンギャラリーによる新製品やイベント展開が行われます。
デザイナーや人物の紹介

バウハウスの重要人物「マックス・ビル」とは

人によっては時計のデザイナー、人によってはグラフィックデザイナー、人によっては建築家と人によって相当分かれると思います。 スイスの才能あふれるデザイナーです。
名作家具やデザインの話

バルセロナチェアの歴史と正規品がなぜKnoll社なのか解説

有名なバルセロナチェアのストーリーまで知っている人はほとんどいないと思います。 いくつも会社を渡り歩き、ミース・ファン・デル・ローエ自身の想いとともに現在の形に至るまでのお話です。 どうしてKnoll社から発売されるようになったか、どうして正規品かを書きました。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました