アーロンチェアやイームズラウンジチェアを分割払い30回まで金利無料で販売しています
スポンサーリンク

海外メーカーのテーブルとチェアを購入する際はサイズに注意してください

インテリア風景

海外メーカーの家具を買う際にはサイズをよく確認してください。

日本のメーカに比べてサイズが大きいことがよくあります。

特にテーブルとチェアの高さは使用者に大きな影響を与えますのでしっかり精査する必要があります。

 

日本のチェアの座面高は40-43cmほどが一般的なサイズです。

テーブルの高さは70-72cmが一般的です。

 

それが欧米メーカーだとチェアの座面高が45-47cmなんてサイズがあります。

テーブルの高さは73-76cmなんてサイズも普通です。

欧米メーカーのこのサイズを日本人の平均身長に合わせて使うには大きいです。

チェアなら床に足がつきません。

 

椅子と机

欧米メーカーのサイズが日本に比べて大きいのは平均身長の高さがあります。

日本に比べて平均身長が高い国ほど家具のサイズもそれに合わせて大きくなるということです。

そして靴文化というのも理由です。

靴を履く分だけ足が厚底になりますから素足文化よりチェアもテーブルも高くしないといけません。

こういった理由で欧米メーカーのサイズは大きいことがありますから、デザインだけ見て決めるのではなくサイズも合わせて確認をしてください。

 

もちろん欧米でも靴を脱いで生活する方々も普通にいますが、それでなくても平均身長が高いですから大丈夫です。

 

また、家具は基本的にコントラクトでの販売を目的としていることも影響しています。

オフィスや施設では日本でも靴で使いますから土足で使う前提のサイズにしています。

 

細かいことですが1cm高さが違うだけで使い心地は大きく変わりますので注意が必要ですね。

自分や家族にとって最適なサイズを確認してください。

 

ちなみに、サイズが大きくてもどうしてもデザインが気に入った場合は足元にフットレストを置けば問題は解決しますよ。

デスクワークによる足置き台「フットレスト」の必要性と重要性
オフィスでもテレワークでも座ったまま長時間のパソコン作業は身体に負担がかかり疲れるものです。 そこを何とかするために作業環境を整えたり、良い椅子を使ったりと工夫するだけでなく、姿勢にまで気にする人が増えています。 そんな...

 

case study shop NAGOYAへのご案内
ハーマンミラーのワークチェアやミッドセンチュリー期の名作家具を求める方へ

ミッドセンチュリー期のデザインの専門家(私)&ハーマンミラー社のワークチェアチェアの専門家(私)がやっているお店です。オンラインショップも好評です。
ハーマンミラーエルゴノミックアドバイザーであり、ハーマンミラーコレクションアンバサダー(全国一位)でもあることでセールスに知識やアフターフォローまで優秀です。
アーロンチェアやエンボディチェアやセイルチェアなどお求めならお薦めです。倉庫を借り在庫も持ち全国どこでも保証もアフターフォロー可能です。
個人への販売/インテリアデザインに、法人向けにコントラクト販売/オフィスデザイン/商業施設への家具販売納品・施工/アフターフォローまで承っています。プロの方もご相談ください。ハーマンミラー/マジス/ダネーゼ/メトロクス/レムノスなど正規販売店です。

家具やインテリアやプロダクトの話
スポンサーリンク
名作家具とデザインの話

コメント

タイトルとURLをコピーしました