ケース・ブラークマンのワイヤーチェアコレクションはイームズ風味

– Wire Chair Collection –

デザイナー: Cees Braakman (ケース・ブラークマン)

オランダ人デザイナーであるケース・ブラークマンが1958年にデザインをし、同じくオランダのパストー社から発売されたこのワイヤーチェアコレクションは、どことなくイームズともベルトイアとも感じ部分があります。それにはブラークマンの経歴が関わってきます。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




イームズに学んだデザイン

ケース・ブラークマンは1945年~1975年までパストー社のチーフデザイナーを務めていました。

彼は1947年より他会社のデザインを学ぶためにアメリカに渡りました。特にハーマンミラー社で働きイームズ夫妻の仕事ぶりに影響を受けます。

50年代にオランダに戻ってきたブラークマンは、まずは合板での家具作りを始めます。

それらの家具類は当時パストー社から発売されヴィンテージ市場で人気を博しています。

そして1958年にワイヤーチェアコレクションをデザインして発売しました。

イームズの影響が良く分かるこのデザインは、パストー社のモダン家具デザインへの走りとなりました。

その後は一旦製造が終了しますが、2011年に同じくパストー社から正式に復刻が開始されました。

現在も製造販売を続けており、日本でも正式に流通をしています。

イームズの影響と言いますか、もうそのままですね。

ものすごく1950年にデザインされハーマンミラー社より発売荒れたイームズワイヤーチェアな感じがします。それをブラークマンらしく落とし込んだデザインです。

イームズワイヤーチェアのストーリーと裏話
1950年にデザインされたイームズワイヤーチェアは、イームズシェルチェアの素材を金属に変えたワイヤー組の彫刻的センスの椅子です。 この椅子が生まれた背景には本来は作りたかった金属製のシェルチェアを実現したいという野望があったからです。 ハリー・ベルトイアの功績と言われるこの椅子のストーリーや裏話を書きました。

が、これはあくまで公式で説明している話です。

私見ですが正しくはイームズオフィスの影響でしょうね。

イームズワイヤーチェアの完成には当時イームズオフィスに在籍していたハリー・ベルトイアの功績が大きかったそうです。

ブラークマンのワイヤーコレクションはベルトイアのワイヤーチェアからの影響が大きいと考えます。

ハリー・ベルトイアの説明とストーリー
彫刻家なのに家具も製作したベルトイア。彼の功績によりイームズワイヤーチェアが生まれるなど、ワイヤー状のチェアの発展に大きな影響を与えました。その後Knoll社からダイヤモンドチェアやバードチェアといった彼の魅力が詰まった椅子もリリースされたことで一躍有名デザイナーの仲間入りをしました。そんな彼の人生を紹介します。

この椅子はベルトイアが1952年にノル社のためにデザインをしたワイヤーチェア類の一つ「420 Side Chair」です。

脚の構造に類似点を感じます。

ブラークマンはイームズオフィスの現場を見ているため、そこでベルトイアがワイヤー構造を手掛けているのを目の当たりにしていると想像できます。

ブラークマンのワイヤーチェアは座面をイームズワイヤーチェアの構造を踏襲し、脚の構造をベルトイアのチェアを踏襲した装いです。

ただ、イームズという名称はオフィスの名前を指すわけでもありますので、その会社でデザインをされたものはイームズデザインとなります。

イームズの影響によりという説明は正しいですね。

オランダのモダンデザインを代表する椅子の一つでもあり、スツールやラウンジチェアといった発展性もあるデザインが魅力的です。

パストー ワイヤーチェア ケース・ブラークマン
ケース・ブラークマンが1958年にデザインをしたワイヤーチェアコレクションです。オランダのパストー社から発売をされましたが、その後製造を修了し、同じくパストー社より2011年より正規復刻製造されました。
パストー ワイヤースツール ケース・ブラークマン
ケース・ブラークマンが1958年にデザインをしたワイヤーチェアコレクションです。オランダのパストー社から発売をされましたが、その後製造を修了し、同じくパストー社より2011年より正規復刻製造されました。
パストー ワイヤーラウンジチェア ケース・ブラークマン
ケース・ブラークマンが1958年にデザインをしたワイヤーチェアコレクションです。オランダのパストー社から発売をされましたが、その後製造を修了し、同じくパストー社より2011年より正規復刻製造されました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告