書籍が需要な情報源です | 名作家具とデザインの話

書籍が大切な情報源です

たくさんの書籍

これは私が所有している本の一部です。

全て家具インテリアに関わる書籍です。まだまだ全然少ないほうです。

家具インテリア業界でも、私のように名作家具を扱う仕事となると、デザイナーが古い年代の人たちが中心となります。必然的に家具も古い年代のデザインが多くなります。

私が特に得意としているのは40年の後半から50年代ですね。特にアメリカなので、アメリカンミッドセンチュリーモダンが専門といって良いかもしれません。(他の国や年代の知識もありますよ)

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




その年代興味ないからいいや、という人も、実際に家具インテリアを扱う上で、この年代の家具を避けて通ることは難しいでしょうね。知っていて当たり前ぐらいなのですが、深く知識があるの人は珍しいという感じです。

この業界、インターネットより、まだまだ本の情報が重要です。

なぜなら、当時のことや、詳しいことは本にしかないことが多いです。

考古学者みたいというと大げさですが、当時の古い本を集めて、断片的に情報が散らばっているので裏どりしつつ、情報を合わせたりして知識を吸収していくんですよ。

それも古ければ古い本ほど良いです。なぜなら当時に近いわけですから、それこそ実際にイームズと仕事をしている人が書いていたりする情報が載っています。そうしたらかなり正確に近いですよね。

だからこの仕事、本の所有量がその人の知識量だと私は考えています。

実際、この業界で何十年もやっていて、すごい知識量の人は、本の所有量も段違いです。

その人の経験値が積み重なっているみたいですね。

だから家具インテリアの知識が欲しい人は、インターネットじゃなく、本を読みましょう。

雑誌でも、古い雑誌は読む価値有りますよ。

問題は英語ですね。海外の家具情報はたいてい現地の言葉ですから、アメリカの家具だったら英語です。

私は英語がダメなので、時間がかかってしょうがないです。読むのもげんなりしてきますし。

フランス語やイタリア語はお手上げです。

もう写真を見るだけで終わりです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告