アーロンチェア、エンボディチェア、コズムチェアとモニターアーム&ディスプレイとの特別セットキャンペーン実施中
スポンサーリンク

アンジェロ・マンジャロッティの人間工学に基づきデザインされた名作時計「セクティコン」

セクティコンt1

– Secticon clocks –

デザイナー:Angelo Mangiarotti (アンジェロ・マンジャロッティ)

 

イタリアの建築家アンジェロ・マンジャロッティが1956年にデザインをした時計セクティコンは、彼の建築的デザインをセンスとしてフォルムに落とし込んだ人間工学的にも考えられた名作時計です。

 

アンジェロ・マンジャロッティのストーリー
日本ではあまり知名度が少ないですが、イタリアンデザインの代表的デザイナー、そして建築家の一人です。 構造をよく考えられた作品は、建築も家具も優れた機能を発揮しています。

 

スポンサーリンク

イタリアンモダンの名作時計

セクティコンヴィンテージ品

セクティコンは1956年にデザインされた当時5つの形がありました。(置時計4、掛時計1)

この赤いセクティコンはオリジナルのヴィンテージ品の「t1」です。

キノコのようなフォルムが流れる様で可愛くもありアーティスティックです。

 

セクティコンのアップ

セクティコンは人間工学(エルゴノミクス)に基づき文字盤の配置をすることで、人間と時計との接触と動作との関係をより良いものにしています。

 

この形を見るとジョージ・ネルソンが1953年にデザインをしたネルソンテーブルクロックシリーズを思い起こすのですが・・・どうもただ似ているだけのようで偶然みたいです。

 

セクティコンはいつかはわかりませんが製造を終了します。

 

復刻したセクティコン

それから時は経ち2004年にドイツのアイシーデザイン社によってセクティコンが復刻されました。

「c1」を復刻する形に選び、ボディを陶器製に変更することで艶やかな美しい時計となりました。

人気はあったのですが2017年に完全に製造販売を終了しました。

それまでもしばらく製造停止をしていた期間もあったんですけどね。

 

t2の写真セクティコンのオリジナル「t2」

いまマンジャロッティのセクティコンは復刻していませんので新品はありません。

ヴィンテージ市場か復刻品のユーズド品を探すしかありません。

 

どうもアンジェロ・マンジャロッティ自身が亡くなってから事務所自体も解散したことが関係するみたいです。

 

けど、最近カラクター社よりラリ・ランプが復刻したので、マンジャロッティのライセンス関係に進展があったのだと思われます。

 

セクティコンのヴィンテージ可動品は結構レアなので、もし見つけたら手に入れておいた方が良いです。

私も所有していましたが販売したので在庫は0です。

 

個人的にすごく好きな時計なのでまた復刻すると良いなと思っています。

 

case study shop NAGOYAへのご案内
ハーマンミラーのオフィスチェアやミッドセンチュリー期の名作家具を求める方のお店

ミッドセンチュリー期のデザインの専門家(私)&ハーマンミラー社のオフィスチェアの専門家(私)がやっているお店です。オンラインショップもあります。
ハーマンミラーエルゴノミックアドバイザーであり、ハーマンミラーコレクションアンバサダーでもあることで知識やアフターフォローまで優秀です。
アーロンチェアやエンボディチェアやセイルチェアなどお求めならお薦めです。
個人への家具販売からインテリアデザインに、オフィスデザイン、事務所や商業施設への家具販売に施工からアフターフォローまで承っています。法人向けのコントラクト販売もしていますのでプロの方もご相談ください。ハーマンミラー/マジス/ダネーゼ/メトロクス/レムノスなど正規販売店です。

名作家具やデザインの話
スポンサーリンク
名作家具とデザインの話

コメント

タイトルとURLをコピーしました