アーロンチェアお買い上げの方に高性能LEDデスクライトをプレゼント中
スポンサーリンク

日本とイタリアを繫ぐ重要なデザイナー「喜多 俊之」とは

 

先月初めにデザイナーの喜多俊之 氏とお会いしましたので彼の紹介をします。

 

喜多 俊之 (Toshiyuki Kita)

1942 ~

 

スポンサーリンク

日本とイタリアを繫ぐ重要なデザイナー

 

1942年 大阪に生まれます。

浪速短期大学デザイン美術工業デザイン専攻卒業後、アルミを扱う会社に就職。

 

1967年 同社を退職後にデザイン事務所を設立。

最初に手掛けた電話台「アートスタンド」が爆発的にヒット。

電話台の売り上げにより予てからの目標であったイタリアのミラノに移動し、1969年よりイタリアと日本での制作活動を開始。

 

1975年 日本デザイナー協会賞受賞。

 

ウィンクチェア

WINK chair

1980年 Wink Chair(ウィンクチェア)を発表。

cassina(カッシーナ)社よりリリースされ好評を集めます。同製品は1981年にMOMA(ニューヨーク近代美術館)のパーマネントコレクションに選定されます。

 

1983年 アメリカのインダストリアルデザイン誌より、RESIDENTIAL FURNISHING最優秀受賞。

 

KICKテーブル

KICKテーブル

1984年 MOMAのパーマネント・コレクションにKICKテーブルが選定。

 

1988年 ドイツのウィーンにて個展を開催。

 

1990年 ミラノにて個展を開き、スペインのデルタ・オ・ロ賞の金賞を受賞。

 

2011年 アジア人として初めてコンパッソ・ドーロを受賞。

 

2017年 イタリア及び日本との友好とデザイン活動に対して、イタリア政府より「イタリア共和国功労勲章コンメンダントーレ」を授与されました。

 

イタリアやドイツ、日本のメーカーから家具、家電、ロボット、家庭日用品に至るまでのデザインで、多くのヒット製品を生み出しています。

多くの作品がニューヨーク近代美術館、パリのポンピドーセンターなど世界のミュージアムにコレクションされており、シンガポール、タイ、中国など、デザイン活性化の政府顧問も務めています。

 

現在も第一線で活躍を続ける重要なデザイナーの一人です。

これからも益々の活躍が期待されますね。

 

彼のHPがあるので、より詳しく知りたい人はご覧ください。

 

Toshiyuki KITA | オフィシャルサイト
手漉き和紙は、1300年程の歴史があると云われています。その間、多くの職人達の知恵とモノづくりへの極みの心が積み上げられ、暮らしの大切な資源として伝えられてきました。新素材や新しいテクノロジーが発展する中で、彼らが培った伝統と自然のバランスは、これからもかけがえのない私達の資源です。 <会期> 2020年1月29日(水...

 

case study shop NAGOYAへのご案内
イームズや名作家具やアーロンチェアを求める方のお店

ミッドセンチュリー期のデザインの専門家(私)がやっているお店です。オンラインショップもあります。
個人への家具販売からインテリアデザインに、オフィスデザイン、事務所や商業施設への家具販売に施工からアフターフォローまで承っています。法人向けのコントラクト販売もしていますのでプロの方もご相談ください。ハーマンミラー/マジス/ダネーゼ/メトロクス/レムノスなど正規販売店です。

デザイナーや人物の紹介
スポンサーリンク
名作家具とデザインの話

コメント

タイトルとURLをコピーしました