アーロンチェア、エンボディチェア、コズムチェアとモニターアーム&ディスプレイとの特別セットキャンペーン実施中
スポンサーリンク

リチャード・シュルツの話

スポンサーリンク

リチャード・シュルツのペデスタブルテーブルです。
私の中の格好良いテーブルリストに入っている一つです。

 

サイトテーブルも良いんですよね。

特にこの木天板が素敵です。

 

リチャード・シュルツですけど、ハリー・ベルトイアの製品開発に協力していた人なんですよ。

 

金属彫刻家ながら名作家具を作った「ハリー・ベルトイア」の説明とストーリー
彫刻家なのに家具も製作したベルトイア。彼の功績によりイームズワイヤーチェアが生まれるなど、ワイヤー状のチェアの発展に大きな影響を与えました。その後Knoll社からダイヤモンドチェアやバードチェアといった彼の魅力が詰まった椅子もリリースされたことで一躍有名デザイナーの仲間入りをしました。そんな彼の人生を紹介します。

 

ちょっとだけリチャード・シュルツのこと書きます。
あんまり情報が無いのと、あんまり私自身が詳しくないので少しだけ。

 

Richard Schultz (リチャード・シュルツ)
1926 ~

 

アイオア州立大学とシカゴのイリノエ工科大学で学んだあと、1951年よりKnoll社に加わります。
そこで、ハリー・ベルトイアの製品開発に参加しました。

 

その時の経験を「デザイナーにとって、椅子の形をデザインすることと同様に、製造の仕方をデザインすることも重要な仕事であることを、この仕事を通じて学んだ」と語っています。

 

その後1960~1965年にかけてペデスタブルテーブルやチェイスラウンジチェアをKnollよりリリースします。

 

1972年にはKnollから独立してフリーランスになりました。
リチャードシュルツカンパニーを設立します。そこで自身の家具をセールスしていましたよ。

 

で、調べたんですけど、2012年にKnollがシュルツカンパニーを買っているんですね。(boughtなので買収とは違う・・・?よくわかりません。)

 

だから今Knollでシュルツコレクションが新品で買えるわけですか。

以前の私の記憶だとシュルツはシュルツカンパニーってイメージが強かったです。

そんなシュルツの話とテーブルでした。

 

日本でまったく知名度にないんですけど、本当に良いデザインなので皆さん知っておいてください。

 

case study shop NAGOYAへのご案内
ハーマンミラーのオフィスチェアやミッドセンチュリー期の名作家具を求める方のお店

ミッドセンチュリー期のデザインの専門家(私)&ハーマンミラー社のオフィスチェアの専門家(私)がやっているお店です。オンラインショップもあります。
ハーマンミラーエルゴノミックアドバイザーであり、ハーマンミラーコレクションアンバサダーでもあることで知識やアフターフォローまで優秀です。
アーロンチェアやエンボディチェアやセイルチェアなどお求めならお薦めです。
個人への家具販売からインテリアデザインに、オフィスデザイン、事務所や商業施設への家具販売に施工からアフターフォローまで承っています。法人向けのコントラクト販売もしていますのでプロの方もご相談ください。ハーマンミラー/マジス/ダネーゼ/メトロクス/レムノスなど正規販売店です。

デザイナーや人物の紹介
スポンサーリンク
名作家具とデザインの話

コメント

タイトルとURLをコピーしました