リチャード・シュルツの話

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




リチャード・シュルツのペデスタブルテーブルです。
私の中の格好良いテーブルリストに入っている一つです。

サイトテーブルも良いんですよね。

特にこの木天板が素敵です。

リチャード・シュルツですけど、ハリー・ベルトイアの製品開発に協力していた人なんですよ。

彫刻家なのに家具も製作したベルトイア。彼の功績によりイームズワイヤーチェアが生まれるなど、ワイヤー状のチェアの発展に大きな影響を与えました。その後Knoll社からダイヤモンドチェアやバードチェアといった彼の魅力が詰まった椅子もリリースされたことで一躍有名デザイナーの仲間入りをしました。そんな彼の人生を紹介します。

ちょっとだけリチャード・シュルツのこと書きます。
あんまり情報が無いのと、あんまり私自身が詳しくないので少しだけ。

Richard Schultz (リチャード・シュルツ)
1926 ~

アイオア州立大学とシカゴのイリノエ工科大学で学んだあと、1951年よりKnoll社に加わります。
そこで、ハリー・ベルトイアの製品開発に参加しました。

その時の経験を「デザイナーにとって、椅子の形をデザインすることと同様に、製造の仕方をデザインすることも重要な仕事であることを、この仕事を通じて学んだ」と語っています。

その後1960~1965年にかけてペデスタブルテーブルやチェイスラウンジチェアをKnollよりリリースします。

1972年にはKnollから独立してフリーランスになりました。
リチャードシュルツカンパニーを設立します。そこで自身の家具をセールスしていましたよ。

で、調べたんですけど、2012年にKnollがシュルツカンパニーを買っているんですね。(boughtなので買収とは違う・・・?よくわかりません。)

だから今Knollでシュルツコレクションが新品で買えるわけですか。

以前の私の記憶だとシュルツはシュルツカンパニーってイメージが強かったです。

そんなシュルツの話とテーブルでした。

日本でまったく知名度にないんですけど、本当に良いデザインなので皆さん知っておいてください。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告